テレワークの必要環境&活用方法

テレワークを実現するための必要環境&活用方法

この度のコロナウイルス感染拡大と政府基本方針に含まれた「テレワーク推奨」の呼びかけを受け、
全国の組織や個人がテレワークを早期に実施するための環境や活用方法をご紹介します。


 

デスクトップPCの場合

デスクトップPCの場合、モニタにカメラやマイク、スピーカーがついていないことがあります。この場合は別売りのカメラやマイク、ヘッドセットが必要になります。
【おススメwebカメラ】
BUFFALO 200万画素WEBカメラ(マイク内蔵) /
eMeet NOVA WEBカメラ(マイク内蔵) / logicool WEBカメラ(マイク内蔵)
【おススメマイク・ヘッドセット】
PLOY pc マイク / glazataヘッドセット

ノートPCの場合

比較的新しいノートPCの場合はカメラ・マイク・スピーカーが内蔵されていることがほとんどです。古いタイプのノートPCの場合、カメラやマイクがついていない場合もあるので、その時は別売のwebカメラやマイク付きヘッドセットが必要になります。
【おススメwebカメラ】
BUFFALO 200万画素WEBカメラ(マイク内蔵) /
eMeet NOVA WEBカメラ(マイク内蔵) / logicool WEBカメラ(マイク内蔵)
【おススメマイク・ヘッドセット】
PLOY pc マイク / glazataヘッドセット

 


 

活用方法【オンラインミーティング】

zoomやskype、googleハングアウトなどのオンラインミーティングシステムを使用すれば営業・設計・職人など、社内のスタッフ間の打ち合わせが可能です。インターネット環境さえあればPCを持っていなくてもスマートフォンで接続することも可能です。画面を共有して打ち合わせができるのでプランを見せながら商品を見ながらの打ち合わせが可能になり業務効率アップ、生産性の向上にも役立ちます。


 

活用方法【お客様との打ち合わせ】

zoomやskype、googleハングアウトなどのオンラインミーティングシステムを使用すればお客様との打ち合わせもスムーズに行えます。画面の共有が可能ですので、プランのパースや3D画面を見せながらヒアリングができ効率がアップ、生産性の向上にも役立ちます。


 

活用方法【RIKCADの遠隔操作】

事務所PCのRIKADを自宅PCから遠隔利用

自宅にあるRIKCAD動作推奨を満たしていないPCから会社にあるRIKCADが動作出来るPCを遠隔で操作する事が出来ます。​このため会社にあるPCを自宅に持ち帰ったりする必要がありません。​遠隔操作を行う為のサービスをご紹介致します。​
​※遠隔操作にはインターネット環境が必要かつ回線速度に依存します。

⇒参考動画 【テレワーク支援】自宅でRIKCADを使ってみよう
⇒参考サイト 外出先からPCをWebブラウザで遠隔操作
⇒その他有料サービス TeamViewer
※いずれも株式会社ユニマットリックが提供するサービスではございません


 

活用方法【ソフトウェアキー】

複数人で一つのライセンスをUSBキーの受け渡しなしで利用

ご使用頂いておりますRIKCADキー(USBタイプ)をソフトウエアキーに切替を頂くとUSBキーの受け渡しを行わなくてもRIKCADがインストール済みのパソコンで利用する事ができます。インターネット上にあるRIKCADライセンスをPCにダウンロードするだけで使用可能。​利用後にRIKCADライセンスをインターネット上に返却する事で別のスタッフが利用する事ができます。​

※USBキーからソフトウェアキーへの切替に別途費用が必要です。​
※ソフトウエアキー利用にはインターネット環境が必要です。​
※ 1ライセンスを同時に複数人で利用する事は出来ません。​