RIKCAD植栽の特徴

1,000本以上の植栽データ

RIKCADにはエクステリア・造園工事に欠かせない植栽データを1,000件以上登録しています(随時登録しているので増加します。)

3D植栽

3D植栽の搭載によりボリューム感のある表現やリアルな日陰の表現がより美しくなりました。

3D低木・下草

3Dの低木・下草データは、正面から見ても鳥瞰から見てもどの角度から見ても立体的で美しいのが特長です。パースの仕上がりに差が出ます。

自然な樹形の山採り天然木

自然美にあふれる山採りの3D植栽です。自然な樹形がパースにリアルな美しさを生み出します。

鳥瞰で見ても美しい形

2D樹木では鳥瞰や斜めから見た時にどうしてもペラペラな感じに見えていましたが、360度どこから見ても立体的で美しい形です。

経年変化シミュレート

植栽がどのように成長するかシミュレートします。商談時に今後の植栽の剪定やメンテナンスの提案にご利用ください。

植込自動作成

バランスの良い配置で植込みを自動作成できます。配置のバランスを考えたり調整する時間を短縮できる上、自作したオリジナルの植込みを登録することもできるので作図時間の効率化に。

壁面緑化

壁面緑化機能の搭載で様々な植物を組み合わせてのデザインが可能になり、住宅以外の店舗や商業施設、オフィスの緑化提案に役立ちます。

生垣作成

生垣を簡単に、そしてきれいに作成することができます。RIKCADで登録されている植栽からも選択することができます。

下草連続配置

植込や下草が線ツールで入力したラインに対応。連続線や曲線を利用してランダム配置が可能です。

提案場面に合わせた植栽検索

12項目の検索キーワードから目的別の植栽を検索可能。絞込検索も対応。提案場面に合わせた植栽の計画・配置が行えます。検索項目にある[人気の植栽]はRIKCADユーザーから集積した情報を元に植栽ランキングを定期的に配信予定。

緑視率算出

国土交通省の調査によると緑視率が高い場所ほど、「安らぎのある」「さわやかな」「潤いのある」と感じる人の割合が高いことがわかりました。⇒参照先