Twinmotion2021.1 機能紹介

主要な新機能

Unreal Engine ブリッジ

Unreal Engine の新しいプラグインを使用して Twinmotion プロジェクトを Unreal エディタへインポートし、
ビジュアライゼーションを新たなレベルへ引き上げましょう。この拡張パイプラインを使用することにより建築家は、
マテリアルのタイプやライティング、周辺環境、その他のプロジェクト要素などを視覚的に示すことで、
Twinmotionで構想案を伝えることができます。また、プロジェクトをビジュアライゼーションの専門家に渡し、
正確なライティングやマテリアルシナリオ、より高品質なビジュアライゼーション出力、アニメーション、
さらに先進的な方法により、Unreal Engine で磨きをかけることができます。

プレゼンタークラウド 早期アクセス

新しいTwinmotionプレゼンタークラウドサービスの早期アクセスを使用して世界中のあらゆる関係者とプロジェクトを共有することができます。
ベーシックなWindows や macOS のデスクトップ コンピュータとウェブブラウザさえあれば、
クラウドのハイエンドGPU上で動作するプレゼンター ファイルを表示して操作することができ、
遠隔地にいるクライアントとレビュー用に作業を共有したり、在宅勤務の環境で同僚と作業を共有するのに最適なサービスです。

注記: この機能は段階的に展開されるため、現在ご利用いただけるのは完全な商用ライセンスをお持ちの方に限定されますが、
将来的にはすべてのユーザーにご利用いただけるようになる予定です。

Twinmotionライブラリと Megascans の統合

Quixel Megascans の3Dアセットとサーフェース カテゴリを Twinmotion アセットライブラリに統合し、
Twinmotion プロジェクト内で簡単に検索し直接アクセスできるようにしました。
3Dアセットには、建物、食品、工業用、自然物などのカテゴリーでシーンに使用できる数千もの高品質のオブジェクト含まれており、
サーフェイスには、樹皮からレンガ、大理石から金属まで、あらゆる種類の高忠実度のマテリアルが豊富に用意されています。
アセットはダウンロードして使用されるまでクラウド上で保存されるため、ローカルでのストレージ要件が軽減されます。

その他の新機能

Datasmith Direct Link

複数のソースと複数のデスティネーションへの接続を同時にサポートするためDatasmith Direct Linkのサポートを追加しました。
Revit のサポートが追加されプロジェクトの異なる段階や側面(ランドスケーププラン、都市コンテクスト、ファサード、
インテリアなど)を表す複数のRevitファイルをダイレクトリンクの更新で集約できるようになりました。
将来のリリースでは、それぞれ個別のダイレクトリンク機能を維持しながら、
Revit やRhino など複数のソースからファイルを集約することができるようになります。

新しい樹木、キャラクター、トレーニング器具/什器備品アセット

Twinmotionアセットライブラリに140点の新しいアセットが追加されました。
20種類の日本とアメリカの樹種、60種類のジムやアウトドアトレーニングエリア向けの器具などのアセット、
60種類のポーズを取った人物が含まれます。
プロジェクトの環境を簡単に作成し命を吹き込むオプションがさらに充実しました。

ライティングの改善

太陽、月、人工照明、パーティクル、乗物のネオン、街灯、発光マテリアルなどを含む
様々なライティング機能のデフォルト、最小/最大強度の内部に変更を加えました。
また、自動露出とブルーム設定を調整し、昼夜間の移行がよりスムーズになりました。

非リアルなレンダリング スタイル

隠線、隠線シェーディング、ウッドモデル、メタルモデル、ホワイトモデル(クレイレンダー)、
デフォルトマテリアルなど、さまざまな非リアルなレンダリングスタイルをすばやく簡単に切り替えて、
ライティングやフォームなど、デザインの特定の側面に焦点を当てたり、
よりテクニカルな手描きスタイルを表現したりすることができます。
この新しいメニューは、フルスクリーン モードと プレゼンター の両方でご利用いただけます。

プレゼンターでフェーズを視覚化

プレゼンターファイルにフェーズを含めることが可能になりました。
これにより、リモートでもプロジェクトの建設スケジュールを段階的に示すことができるようになります。
フェーズはどのようなカメラ位置からでも再生できます。

植物の色合い

植物の幹と葉の両方の全体的な色合いを変更する機能が追加され、シーンの他の要素との視覚的な調和を維持しやすくなりました。

UI/UXの改善

ナビゲーションヘルプを統合した新しいヘッダーパネルや、現在のプロジェクトをプレゼンタークラウドに
直接エクスポートするためのボタンなど、新しいユーザーがさらに速く使いこなせるように、多くのUI/UX機能が改善されています。

パフォーマンスの向上

ジオメトリの基礎となるデータ構造を変更し、全体的なパフォーマンスと安定性を向上させました。