中小企業経営強化税制について

中小企業経営強化税制について

RIKCADを導入すると税制優遇の可能性があります

平成29年3月31日で終了した「中小企業投資促進税制の上乗せ措置」が改組され、平成29月4月1日より「中小企業経営強化税制」が創設されました。
個人事業主・法人で「青色申告書」を提出する中小企業者等※がソフトウェア等を購入すると、税制の優遇措置が受けられます。

※【中小企業者等とは】
・資本金または出資金の額が1億円以下の法人
・資本金または出資金を有しない法人のうち、常時使用する従業員数が1,000人以下の法人
・常時使用する従業員数が1,000人以下の個人事業主
・協同組合等

ただし、次の法人は、資本金が1億円以下でも中小企業者とはなりません。
1.大規模法人(資本金もしくは出資金の額が1億円超の法人、または資本金もしくは出資金を有しない法人のうち、
常時使用する従業員数が1,000人超の法人)から2分の1以上の出資を受ける法人
2.2以上の大規模法人から3分の2以上の出資を受ける法人

優遇されるケース


※制度の詳しい内容は中小企業庁のホームページをご確認ください。
※ 税額控除額は中小企業経営強化税制、中小企業投資促進税制、商業・サービス業・農林水産業活性化税制の控除額の合計で、
その事業年度の法人税額または所得税額の20%までが上限です。

中小企業経営強化税制の利用には「工業会 証明書」と「経営力向上計画の認定」が必要です!

 


お問合せはこちらから

PAGE TOP