システムアップ・ブラッシュアップ機能

システムアップ

“システムアップ”とは、RIKCADの基本機能に加え、作業効率アップ、表現力アップのために開発された新機能のことです。
『システムプラン』にご加入の方のみに配信する機能です
さらなるクオリティアップのためにシステムアップ機能をぜひご活用ください。

石材配置【2019年配信】

指定した範囲に様々な大きさの石をランダムに配置します。傾斜調整にも対応しているので勾配面や起伏面にも使用可能です。

照明On/Off一括変換【2019年配信】

図面に配置された照明すべてのOn/Offの切替を一括で行う事が出来ます。また『レンズフレア』も一括で設定できるので、美しく演出効果のある夜パースが完成します。

植栽提案シート

RIKCAD内で配置した植栽の特徴(開花時期・お手入れ方法・特長)を記載した植栽提案シートが作成出来ます。植栽提案の付加価値としてお使い頂けます。

土量計算

従来の作図を行った後に、“造成前形状“を入力するだけで、搬入・搬出土量の計算ができるようになりました。もちろん、自社の「ほぐし率」「締固め率」をセットすることができます。

カメラ自動配置

パース作成の際に、レンダリングしたいアングルの方位を指定するだけで、カメラ(アングル)を2つ配置することができます。

写真合成アシスタント

各ステップの指示に従って進むと写真合成パース作成時の写真(画像)サイズの調整が手間なくスピーディーにできるようになりました。

敷地座標入力

各種「敷地座標」に合わせて、敷地を作成可能。原点調整/XY座標反転/CSV取込等、多彩な機能により煩雑な敷地入力をサポートします。

窓サッシ一括変換ツール

入力済の複数窓オブジェクトに割り当てられている「窓サッシカラー」「窓ガラス」を一括で変更できる機能です。

 

ブラッシュアップ

“ブラッシュアップ”とは、RIKCADの基本機能を拡張・改善した機能のことです。
プレミアムサポートおよびシステムプランにご加入の方に配信いたします
操作性・効率性を高めたブラッシュアップ機能をぜひご活用ください。

図面仕上げ

文字フォントやペンカラーといった、引出線の詳細な作図設定を行える機能を追加し、図面に合わせた作図を行う事が出来るようになります。キーワード検索のボックスを別途設け、アンド検索を可能にしました。

ドアツール

メーカー製の玄関ドアを検索機能より検索・選択し、配置可能。実際の玄関ドアを配置する事でよりリアルな提案を実現しました。LIXIL、YKKAP、三協アルミ(順不同)の3社が登録されています。

窓ツール

窓オブジェクトのガラス部分に12種類のガラス写真の中からお好みの写真を選択し、割り当てを行う事ができるツールです。従来の材質とは異なり、窓の大きさに合わせ自動サイズ調整可能。

植栽3Dカラー平面図

カラー平面図の植栽表現を追加。円形表示の他に3Dタイプの表現も選択可能になりました。

建物間取り作成

従来の間取り表現にグラデーションタイプを追加。間取り作成時に”グリッドスナップ”が選択可能になり、910モジュール・メーターモジュール等の作図が簡易になりました。

階段手摺りツール

「フェンス配置」ツールで階段の段差に合わせて手摺りを配置可能。始点・終点のオフセット値に”マイナス値”を入力可能にする事で、柱の埋め具合を調整できる様になりました。

縁石作成 自動傾斜対応

縁石作成時に傾斜調整を選択する事で、作成と同時に傾斜面への配置が可能になりました。

石積作成

石積作成の連続線入力が可能になりました。また、3Dの石サイズを2サイズ追加し、従来より小さい石での石積が作図できるようになりました。

ペンカラーセットの追加

平面図・立面図で植栽をカラーペンで表示するペンセットを追加。モノクロ図面の中にも、豊かな緑の表現を簡単に作成できるようになりました。