“RIKCADで変えられる働き方と生産性の向上”
場所や環境にとらわれない働き方、
業務の効率化、付加価値を高めることを
追求した新バージョン。

RIKCAD10は様々な働き方を実現するための運用方法をご用意いたしました。
新たな運用方法により遠隔地での利用が可能となり外出先、
テレワーク、遠方の人材のCAD利用を実現します。

ライセンスをより有効に活用でき、生産性の向上に役立ちます。


 

1拠点で運用

従来通りのUSBキーにて引き続き運用頂けます。
※インターネット環境には左右されないので安定した動作を保証します


 

複数の拠点で1ライセンスを運用

従来のUSBキーを持ち運ぶ事なくクラウド上にあるライセンスキー(ファイルデータ)を使いたい場所(会社PC、ノートPC、自宅PCなど)にダウンロードする事でRIKCADを利用する事が出来ます。
※1ライセンスを同時に複数拠点からダウンロードし同時起動する事は出来ません。
※ライセンスキーのダウンロードにはインターネット環境に依存します。回線トラブルは保障いたしかねます。
※利用開始には別途費用が必要です。


 

1拠点内で複数ライセンスを複数人で運用

複数のライセンスを1つのUSBキーに持たせる事が可能になり、USBキーの受け渡しをしなくても購入ライセンス分を複数人で利用する事が出来ます。例えば購入ライセンスが5ライセンス、RIKCAD使用者が7名いる場合には最大5ライセンスまで使用者が異なっても同時起動が出来ます。
※社内ネットワークの構築が必要です。
※ネットワークライセンスの切替には別途費用が必要です。


 

テレワーク時、自宅の低スペックPCから事務所のPC環境で運用

リモート技術を活用することで事務所にあるRIKCAD環境のPCを自宅PCから操作する事が出来ます。PCやUSBキーの移動が不要なのでテレワークの推進に役立ちます。

Twinmotionダイレクトリンク

建築業界でも注目のTwinmotion。RIKCAD9からリアルタイム連携を実現しました。レンダリングの時間を大幅に短縮し、より高画質なCGパースや感動を生むプレゼン動画の作成が可能となりました。リアルタイム連携を実現していますのでプランの修正があった場合でもTwinmotionの作業画面に即座に反映されますので、修正や仕上がり確認の作業を軽減します。 ※Twinmotion…Unreal Engine4を採用したEpic Games社が販売する高品質の画像やパノラマ、VRビデオを作成できるソフト

RIKCAD操作画面とダイレクトリンク!


季節や空気感までが表現され、現実的で高品質なCGパースが短時間で作成可能。


LEDやアッパーライト・ダウンライトなど照明の詳細な設定。仕上がりを確認しながら夜景の作成ができます。

RIKCAD10×Twinmotion 空気感やこまやかな質感を表現したリアルを追求パース


 

時短・生産性向上

履歴パレット

ツールを問わず使用された設定を容易に呼び出す事が出来るので作図時間の短縮を実現。履歴は材料や高さ、配置レベル、レイヤー、パラメータの内容をそのまま使用できるので図面内に一度でも利用した事がある履歴は即座に利用できるので「ツール」や「素材の選択時間」が軽減されます。

植栽セット(オブジェクト)

植栽ツール内から樹木と下草のセットをそのまま使用する事が出来るので、下草のボリュームを出す作業が格段に早くなりました。植栽セットは個々の植栽(オブジェクト単位)としてバラバラにして使用する事が出来ますので、樹種の変更・高さの調整、下草の追加や削除消も自由に行えます。

基礎、鉄筋3D→見積連動

断面図設定から入力した基礎構造を3D化する事が出来ます。鉄筋配置は一定のルールに則って自動生成されます。3D化する事で施主への安心を促したり、数量の拾い出しが可能となり見積作成業務をアシストします。

スラブ⇔メッシュ変換 屋根⇔メッシュ変換

スラブで作成した属性をメッシュの属性に相互変換可能になりました。また、同様に屋根で作成した属性もメッシュの属性の相互変換可能です。この機能の搭載により、「スラブで作成した土間面に勾配を付けたい」場合に即対応できますので、描き直すストレスと時間を軽減します。

材料編集作業の簡素化

材質設定画面を開かずに要素の材質を容易に編集できるようになり操作手数を減らす事を実現。
・テクスチャサイズ(3Dハッチングに連動) ・元の比率を維持オプション ・回転角度- 透過率- 鏡面- 光沢- 明るさ ・バンプマッピング(あり、なし)

 

プレゼン力・操作性の向上

建物作成機能強化

建物を効率よく作成出来るように機能を集約しました。建物外周寸法から間取りを作成する事で建物外観を即座に作成。建物付帯物も付随するパレットから配置可能になり、詳細な表現を可能にすることでプレゼンの品質も向上します。

4Kに各種対応

RIKCADの作業環境が4K対応になり、3D画面をつかっての施主との商談が高品質な画面で行えることによりインパクトを与える事が可能に。2D画面の線データもより鮮明に表現出来ます。

デュアルモニタで効率アップ

RIKCAD入力・見積作成作業をデュアルモニタで行うと生産性が30%アップ!デュアルモニタ環境(画面を2つ連結する環境)にすると表示面積が2倍になり、結果として生産性が2割から3割ほど上昇します。

動作環境

RIKCAD10 RIKCAD10×Twinmotion
OS Windows10※64bit専用 Windows10※64bit専用
CPU Intel Core i7 以上推奨(スレッド数:8以上) Intel Core i7 以上推奨(スレッド数:8以上)
メモリ 16GB以上推奨 16GB以上推奨
ハードディスク SSD推奨 15GB以上の空き容量 SSD推奨 15GB以上の空き容量
VIDEO OpenGLおよびDirectX 9対応ビデオカード ≪必須≫
(ビデオメモリ1GB以上推奨)
※推奨グラフィックカード:
NVIDIA社製グラフィックチップ搭載カード
OpenGLおよびDirectX 11対応ビデオカード≪必須≫
(ビデオメモリ8GB以上推奨)
※推奨グラフィックカード:
NVIDIA社製RTXシリーズ搭載カード
ディスプレイ解像度 フルHD1920×1080以上推奨
4K(3840×2160)対応
※最低1280×1024
フルHD1920×1080以上推奨
4K(3840×2160)対応
※最低1280×1024
その他 DVD-ROM必須 インターネット環境必須 DVD-ROM必須 インターネット環境必須