KURISU LLC

アメリカのオレゴン州ポートランドにあるKURISU LLC。
代表取締役兼設計者である栗栖宝一氏は社会貢献を目的に、1972年に庭づくり・設計を始めました。
企業のビジョンを「心身的健康のために自然に触れられる豊かな空間を創ること」とし、
情報過多でスピードが求められがちな現代社会で疲れてしまった人々の“本質“を取り戻す庭をつくっています。
KURISU LLCではRIKCADを設計や提案時に活用中。デザインアシスタントのローレン・マクリスタル氏にお話をうかがいました。


 

–ローレンさんがRIKCADを知ったきっかけは?

入社時に前任のデザインアシスタントが日本語版RIKCADを使ってとても綺麗なパースを作っていたんです。
RIKCADのレンダリング性能の良さと前任者が作ったパースの美しさに惹かれました。
当時日本語は全くわからない状態でしたが「RIKCADを学びたい」と思いました。
特に気になったのは日本特有のデザイン要素でした。欧米のデザインプログラムには通常入っていないものなので。

 

–RIKCADの操作を学ぶのは大変でしたか?使い初めに困ったことなどあれば教えてください。

RIKCADを使い始めたときに会社にあったのは日本語版だけだったのでとても大変でした。
日本語が全く分からなかったので試行錯誤を繰り返しながら長時間かけてデザインしていましたが、
今回の英語版を使い始めてからは作業がとても楽になりました。

 

–設計の際にRIKCAD以外で使うソフトはなんですか?

設計の課程でメインで使っているのはAutoCADです。

 

–設計から提案までに至るまでの流れを教えてください。

まず栗栖さんが手書きでプランとパースを描き、それを私がAutoCADでデジタル化します。
顧客との打ち合わせはもちろん、社内でも何度も修正と見直しを重ねて最後にマスタープランを作成します。
RIKCADはデザインができてからパースを作成する際に使っています。
そのあとPhotoshopを使って着色などの仕上げをしてから、Adobeイラストレーターで最終的なレイアウトと注釈をいれます。

▲ローレンさんと栗栖さん

 

–提案の方法はどのように行っていますか?

普段はクライアントと直接会って、プランの提案をします。
クライアントに興味を持っていただくにはきれいな図面とレンダリング画像が重要になります。
2Dの平面図を見慣れている人は少ないですが、パースを見れば誰でもプランを理解できます。
RIKCADなら簡単に様々な角度のパースをとることができますし、デザインをより理解していただくにはパースを見せるのが最適だと思います。

 

–RIKパースコンテスト2019 和風奨励賞を受賞されましたね!おめでとうございます。
 作品のコンセプトと、アピールポイントを教えてください。

ありがとうございます。作品を投稿したのはRIKCADをまだまだ使い初めの時だったので、受賞してとても嬉しかったです。
プランは栗栖さんから指導をいただきながら作っていきました。
パース作成時はオレゴン州セイレムにあるオレゴン州立刑務所内にヒーリングガーデン(癒しの庭)の施工準備を始めた時でもありました。
日本庭園が過去に何千年にも及ぶ人々に影響してきたように、このヒーリングガーデンもこの庭を眺めた人々が自己実現や静穏、
平和に触れられるような設計になっています。
鬱や怒りやストレスを抱えていたり、自然から完全に離れてしまっていると感じている収容者たちに
自然の美しさや、自然への畏敬の念、感謝の気持ちを取り戻させることで彼らの心の奥深くに何らかの変化が起こる可能性があります。
私がパースコンテストに提出した作品は、このプロジェクトの初期段階のアイデアを反映したものです。

▲オレゴン州立刑務所内のヒーリングガーデン     Photo:KURISU LLC
▲RIKパースコンテスト2019 和風奨励賞を受賞したローレンさんの作品

 

–この作品を作成するにあたっての所要時間はどれくらいでしたか?作成中に難しいと感じた点など教えてください。

モデルを作り上げるのに2週間、レンダリングには数日かかりました。
RIKCADを使いはじめたところだったのでレンダリングの設定にはなかなか時間がかかりましたね。
どう設定すれば水がリアルに見えるのか、というのに一番てこずりました。
パースを撮るのに3D画面で毎回同じ角度に戻る方法を学んだことが、作品作成時で一番の収穫でした。

 

–RIKCADを使用するメリットはなんですか?

RIKCADのレンダリング機能の性能の良さには本当に驚きました。
レンダリング設定を細部までコントロールできる点は特に重宝しています。
他の建築系CADにはあまり植栽が登録されていないので、バラエティに富んだ植栽データが入ってい点も気に入っています。
英語版を使い始めてからはインターフェースもわかりやすく、操作も簡単でとても使いやすいです。

 

–RIKCADに今後どのような期待をしますか?
さきほども申しましたがRIKCADの魅力のひとつは植栽データの多さです。
今後は継続してより多くの植物が登録されることを楽しみにしています。
植栽のカテゴリがよりわかりやすくなればさらに良くなるかと…アメリカは広いので地域や天候等でカテゴライズがあるととても助かります。
あとはゴツゴツとした自然な石がもっと増えると嬉しいです。
KURISU LLCでは自然石を使うことがとても多いので、RIKCAD上での選択肢が増えることに期待しています。
私がRIKCADでマスターしていない機能はまだまだたくさんあると思います。
今後はより説得力のある提案に繋がるように、さらにRIKCADのスキルを磨いていきたいと思っています。

▲自然石を使うことが多い

▲パース図


:聞き取り日:2020年1月30日


KURISU LLC
代表  栗栖宝一
所在地 オレゴン州ポートランド