ARCHICAD 新機能紹介

ARCHICAD 新機能紹介

gaiyo-skbimx

全世界10万以上のお客様に使用されているCAD

ac19-header[1]
世界で100万件以上のプロジェクトに利用されている建築3次元CADの標準プラットホーム。
個人住宅~集合住宅、商業施設、オフィスビルなどの建築設計、インテリアデザイン、
店舗設計、都市計画、展示ブースなど、幅広い空間デザイン分野で最適なバーチャルビルディングソリューションを 構築できます。

バックグラウンド処理

ARCHICAD 19の新しいバックグラウンド処理では、瞬時にモデルビューが生成されます。
ARCHICAD 19では3Dビューを開くための時間は70%短縮されました(設計プロジェクトと使用するワークステーションにも依存します)。
さらにモデルベースの断面図、立面図、3Dドキュメントを開く時間は50%まで短縮されました。
これらの技術革新により、モデルとビューを開いたり、切り替えたりする動作は、瞬時に行えるようになりました。
もう、ビューのロードを待つことはありません。時間を節約し、よりスムーズなワークフローでの業務が可能となり、
ワークステーションの心配をする代わりに、設計に集中することができるようになりました。

点群データのサポート

最新の3Dスキャナレーザー測量技術を使用して、より速く正確な建物調査を提供することができる点群データを読み込みます。
ac19-caption-point-cloud[1]

直観的な表面編集 インタラクティブな3D 材質ぺインター処理

ARCHICAD 19では、直観的なドラッグアンドドロップでモデルの表面を編集でき、瞬時に3Dモデルでの視覚的フィードバックを得られます。
ac19-caption-surface[1]

価格 ArchiCAD19(Win/MAC) ¥720,000(税抜)  /  ArchiCAD19 Solo(Win/MAC) ¥295,000 (税抜)

 

動作環境

OSWindows® 7/8/10
※32-bit OSはサポートされていません。
CPU64-bitプロセッサ必須。 Intel® Core 2 Duo 以降
RAM4 GB RAM 必須、複雑なモデルには8 GB RAM以上推奨
必要HDD10GBの空き容量必須
ビデオカードOpen GL 2.0対応のグラフィックカード。複雑なモデルの操作には1024MB以上のRAMを推奨。
ディスプレイ必須: 1280x1024 以上 1440x900 以上を推奨  True Colorディスプレイアダプタ必須

ARCHICAD 資料・カタログ請求

PAGE TOP