特別授業

特別授業とは

日々、生徒・学生たちは専門的な知識を学び技術を磨き、 社会へ羽ばたくための一歩一歩を踏み出しています。
その多くは、造園業に活躍の場を求めているが学んだことを活かせる業界が、
造園業以外にもあることを生徒・学生は知らないのが現状です。

大きな分岐点となる《進路の選択肢》に【エクステリア業界】があることを早い段階で理解してほしい!
「若い人材が活躍し魅力あふれる業界にしたい!」と考える先生とユニマットリックの思いから新たな取組がスタート。
生徒・学生が見据えている造園業界は【エクステリア】という大きな産業である事を「知る」。
そして学んできた経験を大いに活かせる《進路の選択肢》が広く多い事に「気づく」。
「知る」と「気づく」この2つのお手伝いが出来るセミナーや勉強会を開催しております。


 

現況測量からプレゼンまで! 中庭改修計画特別授業
【埼玉県立熊谷農業高等学校】

生徒たちが毎日利用する校内の食堂。その食堂に隣接して、有効活用されていない中庭がありました。
このデッドスペースを新たに「憩いの空間」として生まれ変わらせるべく、
教育活動支援事業を利用して中庭の修繕計画授業を行うことになりました。
「計画・設計・提案という『専門施工業者が行っている実務』に即した体験型授業を行いたい」という先生方のご相談を受け、
弊社が運営するE&Gアカデミーと連携し、カリキュラムを作成しました。
「業界への興味・関心」と「知的探究心の育成」を目的とした特別授業を実施しました。

熊谷農業高校の事例を見る


 

エクステリア業界の動向とCADの奥深さを知る特別授業
【南九州大学環境園芸学部園芸学科】

造園・緑地・ビオトープなどすべての緑地空間を対象に専門的な知識、デザイン・設計力を学ぶ。
さらに、実体験を重視した施工、管理ができる技術力を身につけた学生たちが
将来の就職先は「造園業しかない」と思い込んでいる現状。
「エクステリア業界の現場の声や実務を伝えたい! 」という想いから開催を計画。
エクステリア業界の多くの方が活用しているCADを通じ、学生の反応を直に感じながら、
エクステリア業界を多数の学生に認知していただく事を主な目的としました。

南九州大学の事例を見る


 

現役のエクステリアプランナーによる特別授業 
【岩見沢農業高校】

岩見沢農業高校ではCADの授業に力を入れ即戦力となる人材の育成をしています。
卒業生の多くは道内の造園会社へ就職していますが造園業界だけではなく、
エクステリア業界を理解してもらいたいと考えるユニマットリックと、
進路の選択肢を広くもってもらいたいと考える先生方の思いが重なり、
エクステリアデザイナーとCADインストラクターを講師に招いて講演会を行いました。

岩見沢高校の事例を見る


 

現代の「造園業」にスポットをあてる特別授業
【広島県立庄原実業高等学校】

環境保全類型の3年生の造園計画の授業でRIKCADを使用されており、
学校内の緑化工事図面を作製するなど積極的に活用しています。
知識を仕事に活かせる生徒を輩出するために、2年生からCADを使用する授業計画。
「現在の造園業とは」というテーマでユニマットリックの社員が外部講師として授業を行いました。

庄原実業高校の事例を見る